AGV特設サイトはこちら

AGV(無人搬送車)/四恩システム

弊社AGVに関する詳しい情報は、こちらのサイトへアクセスしてご覧ください。

   


   

AGVとは?

Automated Guided Vehicleの略で、無人搬送車とも呼ばれます。搬送作業を人の代わりに自動で行うロボットを指し、主に工場や物流倉庫などで利用されています。DX需要の高まりにより、近年市場が拡大している製品です。

AGVを導入するメリットとしては、担当者の負担軽減・人為的なミスの削減・人件費などのコスト削減などが挙げられます。

従来の図2

人が運搬。労力や時間など、多くの工数がかかる。

導入後の図

経路を設定し、指示に従ってAGVが自動で運搬。

誘導方式の種類

弊社で取り扱っている誘導方式は、以下の通りです。

ライントレース方式・・・・「磁気テープ」

スポット方式・・・・・・・「QRスポット」

SLAM方式・・・・・・・・「LiDER SLAM」「V SLAM」

磁気テープ

床に貼った磁気テープを磁気センサが検知し、追従します。※屋外の場合は磁気棒を埋め込みます。

ビックバンQR
QRスポット

床に貼ったQRコードをカメラで撮影し、画像の角度により走行制御を、読み取り内容により自己位置の認識を行います。

ビックバンSLAM
V SLAM/LiDER SLAM

カメラやレーザーで読み取った周囲の情報から、地図作成と自己位置の推定を自動で行います。非ガイド式です。

機器構成

弊社のAGVは、右図のような機器で構成されています。

  • 障害物センサ…検出範囲により減速、停止を行います。

  • バンパスイッチ…タッチにより急停止します。

  • 給電コイル…非接触給電により、充電を行います。

  • 磁気センサ…磁気を検知します。

  • QRカメラ…QRコードを撮影し内容を読み取ります。

機器構成図

ソフトウェア構成は右図をご参考にしてください。

  • MCS…工場内の搬送を管理する上位システムです。

  • AgvNavigator…AGVの行き先や経路、充電などを管理するシステムです。

  • 緊急停止ユニット…緊急時に作動するシステムです。

ソフトウェア構成図

その他

ビューワを閲覧希望の方は問い合わせください!

よくあるご質問

人や障害物にぶつかりそうになったらどうなりますか?

オプションの障害物センサを取り付けることにより、前方の物体を検知して減速・停止させることができます。

どのようにして充電しますか?

標準仕様では、手動の接触式で充電を行います。オプションで自動充電にも対応しています。自動充電方式には、接触式と非接触式があります。

カスタマイズすることは可能ですか?

はい。パッケージでご提供するのが基本ですが、追加費用で誘導方式や充電方式など、オプション機能をカスタマイズすることも可能です。

注文から納品までどれくらいかかりますか?

お客様がお求めになる機能や台数によって異なります。詳細はお問い合わせください。

屋外でも走行できますか?

はい、屋外走行に対応したAGVも取り扱っております。こちらから「牽引型OUT」をご覧ください。▶/product/agv/specification/

他社のAGVとの違いは何ですか?

当社のAGVは、複数の誘導方式を組み合わせて走行させることができます。SLAM走行が得意な場所ではSLAMを使い、苦手なところでは磁気テープで走行するなど、お客様の使用環境に合わせて走行方法を切り替えることが可能です。

システムにおいては、複数台制御や上位システムとの連携が標準的にラインナップされている点が強みです。大手のメーカーではよくありますが、中堅以下は標準的にないところが多く、AGV単体はあれどシステム運用まではしない、もしくは毎回カスタム品として金額がかかるといったところが多いです。

また、単体・システムを通してすべて自社開発という点も強みです。

\

\