RFP

生産現場における現場課題の解決

スムーズにプロジェクトを進めるために、RFP(提案依頼書)の作成をおすすめします。

RFPで明確にすること

   

●プロジェクトの概要・目的

●予算・スケジュール

プロジェクトの執行責任者

●現状の課題

●解決イメージ

要求事項 など

   

明確にすること

RFPが必要な理由

   

ベンダーはRFPにより、開発するシステムの設計や見積りを行います。つまりRFPは、ユーザーの要求を正しく伝える手段です。

上記のような項目を明確にした適切なRFPがあると、システム開発でのトラブルが減り、仕様書完成までの期間が短縮されるなどのメリットがあります。

    

適切なRFP

  • ベンダーは顧客の成熟度が高いことを察してその評価に耐えられるよう、十分検討した提案を出してくる
  • 適切な提案が得られれば、打ち合わせも円滑になり、短期間で適切なシステム開発仕様書が作成できる。
【低リスク】 共通認識化で、システム開発でのトラブルが少なくなり、期待した費用・納期・品質が達成される確率が高くなる

この

システム提案の基礎